広域のニュース

おんぶ政務官 首相「不適切」

 安倍晋三首相は4日の衆院予算委員会で、務台俊介内閣府兼復興政務官が台風10号で被災した岩手県岩泉町の視察の際、職員におんぶされて水たまりを渡ったことについて「大変申し訳ない」と陳謝した。
 首相は「務台政務官の振る舞いが被災地の方々、現地で頑張っている消防、警察、自衛隊の皆さんを傷つけたとすれば大変申し訳ない。配慮に欠け、不適切だ」と述べた。
 務台氏の進退については「謝罪し、猛省している。総務省で防災を担当した経験と知見を生かし、職務に取り組んでほしい」と辞職は求めない考えを示した。
 民進党の階猛衆院議員(岩手1区)に対する答弁。
 務台氏は9月1日、政府調査団長として同町を訪問。長靴を忘れて水たまりを渡れず、随行職員におんぶされた。


関連ページ: 広域 社会

2016年10月05日水曜日


先頭に戻る