岩手のニュース

<ラグビーW杯>岩手の経済効果83億円

 2019年のラグビーワールドカップ(W杯)で、開催地の一つとなる釜石市で試合が行われた場合の岩手県全体への経済波及効果は83億2000万円に上るとの試算を、日本政策投資銀行と岩手銀行系シンクタンクの岩手経済研究所(盛岡市)がまとめた。
 同市鵜住居町に新設するスタジアム建設費と大会運営費、来場者の消費の3点について、建設などに伴う人件費や原料調達といった1次波及効果と、所得向上と消費増による2次波及効果を試算した。
 経済波及効果の最大はスタジアム建設の48億円(1次41億2700万円、2次6億7300万円)だった。大会運営費は13億6200万円(11億3400万円、2億2800万円)、来場者の消費は21億5700万円(18億100万円、3億5700万円)。
 推計来場者は、スタジアムの収容人数や本大会、プレ大会の試合数から約13万人と予想。内訳は県内約6万6800人、県外約5万3500人、海外約9700人を見込んだ。
 政投銀東北支店は「欧州やオーストラリアなど経済的に豊かな地域からの観戦客は長期滞在が見込まれ、経済効果はさらに大きくなる可能性がある。復興や防災を世界にPRする機会にしてほしい」と話した。


2016年10月06日木曜日


先頭に戻る