福島のニュース

児童37人の作品紛失 古紙回収で処分か

 福島県いわき教育事務所は5日までに、いわき市内の小学校1校から郵送された児童37人の作品を紛失したと発表した。親子や友人など2人一組が17文字で気持ちを表現する作品で、県教委が募集。事務所内に作品を入れる箱が置かれていたが、職員が誤って、近くの箱に入れ、処分された可能性があるという。作品には住所や氏名、電話番号なども書かれていたが、外部に流出したとの情報はないという。作品を出した児童の家庭に電話や訪問で謝罪し、作品の再提出を依頼した。


関連ページ: 福島 社会

2016年10月06日木曜日


先頭に戻る