宮城のニュース

<仙台女性殺害3年>情報を 署員ら呼び掛け

通行人に情報提供を呼び掛ける南署員

 仙台市太白区諏訪町の県芸術協会職員鈴木裕子さん=当時(43)=殺害事件が7日で発生から3年となるのを前に、仙台南署捜査本部は6日、鈴木さん宅に近いJR太子堂駅前などで通行人に情報提供を呼び掛けた。
 署員ら14人が同駅前とJR長町駅前の2カ所で「どんな小さな情報でもいいので教えてほしい」と通行人に話し掛けながら、チラシ入りのポケットティッシュを配った。
 事件は2013年10月7日に発生。鈴木さんは同月5日午後9時ごろ、同僚とメールのやりとりをしたのを最後に連絡が取れなくなり、7日に自宅を訪ねた両親が2階寝室で遺体を発見した。死因は窒息死で、5日夜に殺害されたとみられる。
 南署の大浦久義刑事1課長は「あらゆる角度から捜査してきたが、事件の解決には新たな情報が必要だ。被害者の無念を晴らすため、ぜひ情報を寄せてほしい」と話した。連絡先は同署捜査本部022(246)7171。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月07日金曜日


先頭に戻る