宮城のニュース

「日本の石」ヒスイ 77年前の業績に光

河野さんが国内のヒスイ産出を明らかにした新潟県糸魚川市で採れたヒスイ。横幅は約20センチ(フォッサマグナミュージアム提供)
河野義礼さん

 古くから日本人に親しまれてきた緑の宝石ヒスイが9月下旬、日本鉱物科学会の「日本の石(国石)」に選ばれた。77年前、国内でヒスイが採れることを突き止めたのは東北帝大(現東北大)の若き研究者。「埋もれた画期的な発見に光を当てたい」。ノーベル賞で世界中が沸く中、地道に研究を重ねた鉱物学者の業績を紹介しようと、関係者は仙台市で年内の企画展開催に向け準備を始めた。
 ヒスイは縄文、弥生、古墳時代にかけて勾玉(まがたま)などの宝飾品として珍重され、各地の遺跡から出土している。しかし、昭和初期までは国内の産地が見つかっておらず、出土するヒスイは大陸から持ち込まれたと考えられていた。
 こうした説を覆したのが、東北帝大理学部助手だった故河野義礼(かわのよしのり)さん(1904〜2000年)。1939年、30代半ばの河野さんは、新潟県糸魚川市で見つかった緑色鉱物の鑑定を依頼され、化学分析でヒスイと特定した。現地も調査し、国内でヒスイが産出することを初めて確認した。
 国内のヒスイ産地発見は当時、日中戦争の混乱下で注目されなかったが、考古学史を塗り替えるインパクトがあった。「岩石学的にも考古学的にも鍵となる研究だ」。東北大総合学術博物館の長瀬敏郎准教授(鉱物学)は評価する。
 緻密な分析で、信頼度の高いデータを得た河野さん。後に理学部教授となっても、実験には真摯(しんし)に取り組んだという。
 指導を受けた同大の蟹沢聡史名誉教授は「河野先生は都合の悪いデータも無視せず検証し、実験はかくあるべしという手本を見せてくれた」と振り返る。
 企画展は主催、会場ともに同博物館。ヒスイをはじめ宮城県にゆかりのある鉱物や化石を展示し、河野さんの業績を広く紹介する考えだ。
 日本の石は、日本鉱物科学会が9月に法人化されたのを記念して、花こう岩、輝安鉱、自然金、水晶、ヒスイから「最も日本らしい石」を会員の投票で選んだ。

[ヒスイ(ヒスイ輝石岩)]プレートが沈み込む低温高圧の状況でできる。新潟県糸魚川市が国内最大の産地で、同市産のヒスイは約5億2000万年前と世界最古。鳥取県、岡山県などでも産出され、海外ではミャンマーや中米が産地として有名。中国などで加工が施され、ヒスイと称される「軟玉」は別種。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月07日金曜日


先頭に戻る