宮城のニュース

<買春校長逮捕>服務規律徹底 臨時会で確認

規律徹底が話し合われた臨時小中学校長会議

 女子高校生にわいせつな行為をしたとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで宮城県気仙沼市松岩中校長の菅原進容疑者(56)が逮捕された事件で、県南三陸教育事務所は6日、管内の小中学校長を集めた臨時会議を県気仙沼合庁で開いた。
 同市と南三陸町の小中学校長35人が参加。奥野光正所長は「地域への影響は大きく、多感な生徒のダメージも計り知れない。信頼回復のために全力を尽くしていきたい」と訴えた。
 会議では、各校長が教職員一人一人と面談し、服務規律の徹底を図ることなどが話し合われた。
 市教委によると、松岩中では6日朝に全校集会があり、小松昭教頭が「重大な不祥事は許されない。皆さんにおわびする」と謝罪した。生徒は私語もなく聞き入り、ショックで涙を流す女子生徒もいたという。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月07日金曜日


先頭に戻る