宮城のニュース

<仙山線>2本運休 仙台駅で車両不具合

 7日午前8時50分ごろ、JR仙台駅で、仙山線の仙台発愛子行き下り普通列車が発車する際、運転士がドアの開閉などに使う空気の量が減っていることに気付き、点検のため一時運転を見合わせた。JR東日本仙台支社によると、15分後に運転再開したが、仙台−愛子間の上下計2本が運休、約600人に影響した。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月07日金曜日


先頭に戻る