宮城のニュース

昭和の風景をジオラマで間近に

東京・有楽町のガード下を再現したミニチュア

 仙台市泉区寺岡の大型商業施設「泉パークタウンタピオ」と「仙台泉プレミアムアウトレット」の誕生8周年祭が7日、始まった。
 タピオ南館1階では「ミニチュアの世界展」(河北新報社、仙台放送主催)が開催され、世界的な玩具コレクター北原照久氏の収蔵品からミニチュア、ジオラマを扱った現代作家8人の作品を展示。昭和の風景や欧米の日常をテーマに26点を紹介している。
 南館では特別展示として手塚治虫や赤塚不二夫が暮らしたトキワ荘で、漫画家たちが寄せ書きしたカーテンの実物を公開。来場した子どもが描いた絵をアーティストが作品化する参加型イベントも開かれている。
 23日まで。入場無料。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月08日土曜日


先頭に戻る