秋田のニュース

<TDK>新工場2棟 秋田に完成

TDK本荘工場の敷地内に完成した新工場

 電子部品大手TDK(東京)の新工場2棟が秋田県由利本荘、にかほ両市にそれぞれ完成し、報道機関に6日、公開された。年内に稼働し、スマートフォン、自動車向けの電子部品や磁性材料を生産する。
 本荘工場(由利本荘市)と稲倉工場(にかほ市)の敷地に整備した。投資額は計250億円。延べ床面積は本荘新工場が約5万平方メートルで、現在の本荘工場に次ぐ国内2番目の規模。稲倉新工場は約1万5000平方メートル。本荘新工場はスマホや自動車向けの積層チップ部品、稲倉新工場は電子部品に使用するフェライト材料を生産する。
 新工場の従業員は、にかほ市の金浦、鳥海両工場から移す。本荘新工場は300人、稲倉新工場は150人で稼働させ、1年後をめどにそれぞれ600人、300人に増やす方針。
 新工場は製造工程での不良品発生を未然に防ぐ最新鋭の生産ラインを導入する。石黒成直社長は「新工場は未来に向けたものづくりの拠点だ」と話した。


関連ページ: 秋田 経済

2016年10月07日金曜日


先頭に戻る