宮城のニュース

<栗駒山>綾錦まとい登山客お出迎え

紅葉が見頃を迎えた栗駒山の山頂付近=7日午前8時50分ごろ

 岩手、宮城、秋田の3県にまたがる栗駒山(1626メートル)で、紅葉が見頃を迎えた。山頂から中腹にかけた山肌は綾錦(あやにしき)をまとい、登山客の疲れを癒やしている。
 宮城県栗原市田園観光課によると、紅葉の時季はほぼ平年並み。ナナカマドやミネカエデといった葉の色づきが昨年よりも濃く、緑との対比が美しく映えているという。
 市は登山道中央コース入り口のいわかがみ平駐車場周辺で交通整理を実施。満車時に備えて16日まで、約3.7キロ手前にあるいこいの村栗駒跡地に設けた臨時駐車場から無料シャトルバスを運行する。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月08日土曜日


先頭に戻る