宮城のニュース

<駅弁まつり>全国から100種類が集合

全国100種類の駅弁を集めた駅弁まつり

 14日の「鉄道の日」を記念し、全国100種類の有名駅弁をそろえた駅弁まつりが7日、JR仙台駅2階コンコースで始まった。10日まで。
 新函館北斗駅の「北海道新幹線H5系はやぶさ弁当」(1250円)や神戸駅の「0系新幹線弁当」(1300円)など各新幹線を模した駅弁10種類が登場。「かに豪快盛りいくら」(1480円)など小樽駅の3種類は、販売当日に仙台市内で調理された出来たてを味わえる。
 新幹線で盛岡市に向かう途中で立ち寄った大阪市の大学生戸塚真虹さん(21)は「小樽駅の『特製かにめし』が出来たてだと聞いて買った。車内で食べるのが楽しみ」と話した。
 JR東日本グループの日本レストランエンタプライズ仙台支店が主催。販売時間は午前10時〜午後6時。各日約1000個販売し、売り切れ次第終了する。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月08日土曜日


先頭に戻る