宮城のニュース

<仙台L>佐々木繭、闘志燃やす

 9月18日のアウェーINAC神戸戦の後、2試合連続で出場機会がなかった佐々木繭は「目の前で相手に優勝されるのは嫌」と闘志を燃やす。
 宮城・聖和学園高入学前に日テレの下部組織に在籍し、日テレには「以前一緒にプレーしたチームメートも多い」と言う。だからこそ「お互いのプレーを分かっている中で、駆け引きを楽しみつつも勝ちたい」と対抗心は強い。
 3試合ぶりの出場を待ち望む。リーグの得点ランク1位のFW田中をはじめ、圧倒的な攻撃力を持つ相手との対戦を前に「1対1で粘り強く守り、相手より勝ちたい気持ちを出す」と本番を見据えた。


2016年10月08日土曜日


先頭に戻る