宮城のニュース

食器や置物ずらり 亘理・陶芸教室の作品展

個性豊かな作品が並ぶ作品展

 亘理町の陶芸家紅林(くればやし)すゞ子さん(72)が主宰する陶芸教室「すゞ窯」の作品展が亘理町逢隈田沢の「働く婦人の家」で開かれている。10日まで。
 日常で使う食器だけでなく、ネコの置物や高さ70センチ近くのつぼなど生徒20人と紅林さんの個性あふれる作品200点余りが展示され、来場者を楽しませている。
 「基礎を学んだ後は、みんな好きな物を楽しんで作っている」と紅林さん。作品展の開催は2年ぶり9回目で紅林さんは「前回よりちょっと上手になった生徒たちの作品を見に来ていただきたい」と呼び掛けている。
 作品展は午前10時〜午後5時(最終日は午後3時まで)。入場無料。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2016年10月09日日曜日


先頭に戻る