宮城のニュース

<うみの杜水族館>アシカのノイ 一日署長

小野寺署長(右)に敬礼のようなしぐさをするノイ

 全国地域安全運動(11〜20日)を前に、仙台東署は8日、仙台市宮城野区の仙台うみの杜水族館で、防犯キャンペーン活動に取り組んだ。
 アシカのノイ(15歳・メス)に一日警察署長を委嘱。小野寺俊一署長が委嘱状を飼育員に手渡し敬礼すると、ノイも敬礼のようなしぐさをして会場を沸かせた。
 小野寺署長は「おれおれ詐欺の被害が今年も発生している。おじいちゃんとおばあちゃんに水族館の思い出を話しながら『詐欺に遭わないで』と言ってほしい」と呼び掛けた。
 水族館の入り口で、東署員や仙台東地区防犯協会連合会の会員ら約70人が防犯グッズを来館者に配った。
 今年東署管内で発生した特殊詐欺の被害額は9月末現在で、前年に比べ約5300万円増え、約9000万円に上っているという。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月09日日曜日


先頭に戻る