山形のニュース

<じもとHD>復興支援に感謝山形で物産販売

宮城、山形両県の9店が出店したイベント

 じもとホールディングス(HD)傘下の仙台銀行ときらやか銀行(山形市)は8日、山形市中心部の商店街で「じもとまつりin山形 震災復興感謝祭」を開いた。山形市が実施する「街なか賑(にぎ)わいフェスティバル2016」と連携し、宮城、山形両県の食材や加工品を販売した。
 宮城の5店、山形の4店が参加。蒸しカキ、ホタテ焼き、焼き団子、牛串焼きなどが各ブースに並んだ。香ばしい匂いに誘われ、家族連れなどが海や山の幸を味わった。
 開始式で仙台銀行の有志がすずめ踊りを披露し、会場を盛り上げた。


関連ページ: 山形 経済

2016年10月09日日曜日


先頭に戻る