山形のニュース

<モンテ>ドロー 18位変わらず

山形−愛媛 後半、攻め込む山形の松岡(中央)と山田(右)

 第35節(8日・NDスタジアム山形ほか=11試合)山形は愛媛と2−2で引き分けた。勝ち点を36に伸ばしたが、18位で変わらず、J3との入れ替え戦がある21位とは勝ち点3差。首位札幌は1−0で水戸を下し、勝ち点を77に伸ばした。
 2位松本は岡山と1−1で引き分け、同68でトップとの差は9に広がった。3位のC大阪は岐阜に勝って同66。

◎2度追い付く

(2)NDス(2分け)
山形 2 0−1 2 愛媛
     2−1
▽得点者 【山】鈴木(2)松岡(1)【愛】表原(1)阪野(8)
▽観衆 3189人

 山形は2度先行されながらも引き分けた。0−1の後半3分、林の浮き球のパスを、ゴール前で受けた鈴木が右足を振り抜き同点とした。16分に勝ち越された後、32分に左サイド深くから高木が上げたクロスを、中央に走り込んだ松岡がダイビングヘッドで合わせ、再び追い付いた。

<勝ち越す力必要/山形・石崎信弘監督の話>
 何回かいいカウンターや崩しがあった。諦めないで追い付いたことは評価できるが、そこから勝ち越す力をつなければいけない。シュートの精度をしっかり上げないと、ゴールは決まらない。


2016年10月09日日曜日


先頭に戻る