岩手のニュース

<台風10号>施設説明会 遺族「誠意感じぬ」

楽ん楽んの前で黙とうする遺族ら

 台風10号豪雨の洪水被害で入居者9人が亡くなった岩手県岩泉町の高齢者グループホーム「楽(ら)ん楽(ら)ん」を運営する同町の医療法人社団「緑川会」は9日、初の遺族への説明会を開いた。当時の状況などを説明したが、台風から40日目でようやく実現した機会に遺族からは「誠意が感じられない」と不満の声も上がった。
 説明会は楽ん楽んに隣接する介護老人保健施設「ふれんどりー岩泉」であり、約2時間にわたった。犠牲者9人のうち6人の家族ら約15人が参加。楽ん楽んに設けられた献花台で一人一人焼香し、黙とうした。
 緑川会によると、説明会では佐藤弘明常務理事(53)らが当日の状況を時系列に沿って報告し、謝罪。遺族への補償や、楽ん楽んの建物を取り壊した後に建設する慰霊碑について説明した。被災当時、楽ん楽んにいた女性所長は入院中のため欠席した。
 佐藤理事は「四十九日までには説明会を開きたいと思っていた。一周忌までには慰霊碑を建てたい」と述べた。
 亡くなった八重樫チヤさん(95)の長男で埼玉県に住む八重樫信之さん(73)と妻絢子さん(72)は「施設からは今まで何の連絡もなく、謝罪を受けたのは今日が初めて。話もあまりに事務的で驚いた。慰霊碑などの話を持ち出す前に当時の状況をもっと詳しく説明すべきだ。所長から直接話を聞きたい」と話した。他の遺族と共に再度説明会を開くよう求めたという。
 兄の千葉繁喜さん(77)を亡くした同町の千葉利光さん(59)は「兄の最期の様子を聞くことができた。助けようとしてくれた施設には感謝の気持ちでいっぱいです」と語った。
 佐藤常務理事は次回の説明会について「検討する」としている。
 予定が合わないなどの理由で欠席した犠牲者3人の遺族に対しては、1家族には7日夜に自宅を訪ねて説明した。残る2家族は今後個別に訪問するという。


関連ページ: 岩手 社会

2016年10月10日月曜日


先頭に戻る