秋田のニュース

<森吉山>遭難の7人 自力で下山

捜索隊に先導されて下山する登山者たち=10日午後1時30分ごろ

 秋田県北秋田市の森吉山(1454メートル)に9日朝入山し、連絡が取れなくなっていた茨城県の男女7人は10日午後0時15分ごろ、自力で下山しているところを捜索中の北秋田署員に発見された。全員けがはない。
 7人は茨城県牛久市の無職小林行雄さん(65)ら48〜65歳の男性4人、女性3人のグループ。発見当時、入山地点の森吉山野生鳥獣センターから南東に約2キロの登山道を下りていた。
 小林さんによると、沢登りに予想以上の時間がかかって日没となったため、尾根にテントを張ってビバーク(野営)したという。
 9日夜になっても宿泊を予定していた民宿に7人が現れなかったため、従業員が通報、北秋田署が山中を捜索していた。


関連ページ: 秋田 社会

2016年10月11日火曜日


先頭に戻る