宮城のニュース

<新生富谷市>船出の日共に祝う

<舞>祝賀会を演舞で盛り上げる「YOSAKOIとみや大清水」のメンバー=10日午後0時45分ごろ、富谷市総合運動公園富谷スポーツセンター
<歌>記念式典の合唱で指揮を執り、市内5中学校の代表30人とともに市民歌を初披露するメイナードさん(手前)=10日午後0時15分ごろ、富谷市総合運動公園富谷武道館
<進>「富谷市の歩みを着実に進める」。移行記念式典で出席者を前にあいさつする若生裕俊市長(中央)=10日午前11時5分ごろ、富谷市総合運動公園富谷武道館
<喜>「せっかくの記念なので」。市誕生を祝う市役所の垂れ幕前で写真撮影する親子連れ=10日午前10時15分ごろ

 村から町、町から市へと発展と遂げた宮城県富谷市。市民ら約1000人が出席した10日の移行記念式典では4人組バンド「MONKEY MAJIK(モンキーマジック)」で富谷市在住のドラムス菊池拓哉さん、ボーカルとギターのメイナード・プラントさんの2人が手掛けた市民歌が初披露されたほか、地元のマーチングバンドやダンスチームなども花を添え、節目の日を祝った。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月12日水曜日


先頭に戻る