宮城のニュース

<クマ出没>男性襲われけが 宮城目撃相次ぐ

 10日午前6時10分ごろ、仙台市泉区小角の七北田川沿いで、散歩中の近くに住む無職男性(83)がクマに襲われ、顔や脚にけがを負った。男性は市内の病院に運ばれたが、命に別条はない。県によると、県内での人身被害は本年度2例目。
 泉署によると、クマは体長約1メートル。男性が背後に気配を感じて振り返ったところを襲われて顔を引っかかれ、脚をかまれた。クマは七北田川方向に逃げたという。泉署が注意を呼び掛けている。
 10、11の両日は目撃情報が相次いだ。大和町鶴巣北目大崎の東北自動車道下り線鶴巣パーキングエリアで2頭、鶴巣鳥屋天ケ沢山、仙台市青葉区愛子東4丁目の広瀬川河川敷、青葉区荒巻青葉の配水所周辺、太白区西多賀5丁目の笊(ざる)川のり面でそれぞれ1頭が目撃された。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月12日水曜日


先頭に戻る