青森のニュース

スポーツ実績評価 青森・南部町職員3人採用

 青森県南部町が今年の職員採用試験で新設したスポーツや文化活動に優れた実績のある人物を採用する特別枠で、男性3人が合格した。町は「優秀な応募者が多かった」として、特別枠を含む大卒程度の一般行政事務職の採用人数を予定の2人から5人に増やした。
 特別枠は(1)高校でスポーツ、文化芸術の都道府県大会で3位以上(2)大学で同様の全国大会で入賞以上−のいずれかが条件。通常枠と合わせ2人の採用予定に対し、11人が受験した。
 1次試験に当たる書類選考、2次の作文、面接を経て3人が合格した。いずれもスポーツで実績のあった男性。10人が受験し2人が合格した通常枠より採用人数が多くなった。
 仕事とスポーツ活動との両立について、町総務課の担当者は「まずは職務優先で頑張って」と話した。
 公務員試験でスポーツや文化活動に優れた人物を一般の採用枠とは別に選考する方式は松山市が実施しているが、人口2万弱の町では珍しいという。


関連ページ: 青森 政治・行政

2016年10月12日水曜日


先頭に戻る