岩手のニュース

わいせつ行為で免職 元岩手県主査撤回求め提訴

 18歳未満の少女にわいせつな行為をしたとして懲戒免職となった岩手県沿岸広域振興局大船渡土木センターの元男性主査(46)が11日までに、県に対して処分の取り消しを求める訴えを盛岡地裁に起こした。
 訴状などによると、元主査は2014年12月下旬、奥州市内のホテルで、県南部の10代少女が18歳未満だと知りながらわいせつな行為をし、昨年2月に県青少年環境浄化条例違反の疑いで逮捕された。県は同年4月22日付で懲戒免職とした。
 元主査は「被害者との間で示談が成立したことなどが考慮されておらず、違法な処分だ」と主張。県人事課は「訴状の内容を精査し、処分の正当性を主張していく」と話している。


関連ページ: 岩手 社会

2016年10月12日水曜日


先頭に戻る