宮城のニュース

<みやぎ生協>レストラン開店 全国初

みやぎ生協初のレストラン「コステリア」の店内=仙台市青葉区一番町4丁目

 みやぎ生協(仙台市)は21日、仙台市青葉区一番町4丁目の商店街に、主に東北の食材を使った料理を提供するレストラン「Costeria(コステリア)」をオープンする。生協がレストラン事業に乗り出すのは全国で初めて。同生協は「東北の農水産物を提供することで、復興に貢献していきたい」と意気込む。
 店舗面積は約200平方メートルで、オープンフロア(70席)と個室1室(12席)の計82席。同生協が展開するブランド「古今東北」「めぐみ野」の食材を中心に使う。
 料理は和食と洋食で、メニューは無農薬野菜を使った海鮮サラダなど約50品。ランチの価格は800〜1000円ほどで、夜はワインやビールなど酒も提供する。
 みやぎ生協の子会社、コープ総合サービス(仙台市)が運営する。営業時間は午前11時〜午後4時、午後5時〜午後11時。定休日は12月30日〜1月1日の3日間。連絡先はコステリア022(302)5730。


関連ページ: 宮城 経済

2016年10月13日木曜日


先頭に戻る