福島のニュース

<郡山ごみ屋敷>全焼 焼け跡に住人男性遺体

 11日午後11時20分ごろ、福島県郡山市菜根4丁目、無職平野昭太郎さん(74)方から出火、木造平屋の住宅約50平方メートルが全焼し、焼け跡から平野さんの遺体が見つかった。死因は焼死。郡山署が出火原因を調べている。
 全焼した住宅は今年3月、郡山市が敷地内に大量のごみをため込む「ごみ屋敷」対策の市条例に基づき、行政代執行でごみを強制撤去していた。市によると、その後もごみをため始めたため、住民の相談を受けた市が行政指導していた。
 近所の男性は「(市による撤去後も)ごみを敷地に集めていて、火事を心配していたのだが…」と話した。


関連ページ: 福島 社会

2016年10月13日木曜日


先頭に戻る