宮城のニュース

<石巻市長選>元市議会議長の阿部氏出馬へ

阿部和芳氏

 任期満了に伴う石巻市長選(来年4月16日告示、23日投票)で、元市議会議長の会社役員阿部和芳氏(56)が13日、立候補する意思を固めたことが分かった。近く正式に表明する。
 阿部氏は河北新報社の取材に「今の市政は市民に優しくない。市民ファーストの市政に変えたい」と話し、「石巻をわくわくするような健康な街にしたい」と強調した。市立病院への産科設置や透明性のある行政などを公約に掲げ、来春の選挙戦に向けて支持拡大を目指すという。
 阿部氏は石巻市出身。千葉商科大卒。初当選した2000年の石巻市議選から5期連続で当選し、12年6月に議長就任。13年3月に辞職し、4人で争った同年4月の前回市長選に出馬したが落選した。
 市長選で立候補を明らかにしたのは阿部氏が初めて。他に現職の亀山紘氏(73)と市議の黒須光男氏(69)が前向きに検討している。前回落選した元東北大非常勤講師青木満里恵氏(61)も意欲を示している。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年10月14日金曜日


先頭に戻る