宮城のニュース

<ごみ分別>仙台市職員と住民、実態調査へ

 仙台市は秋のごみ減量集中キャンペーン期間の17〜31日、市内のごみ集積所約500カ所で家庭ごみの捨て方の実態を調査する。市職員が地域住民と共に分別や減量の状況を点検し、適切なごみ出しを呼び掛ける。市と地域の合同調査は2008年10月の家庭ごみ有料化の開始時以来となる。

 調査対象は市内の集積所全約2万カ所のうち、地域の協力が得られた地点。所管の環境局だけでなく全庁的に集めた職員計約400人が家庭ごみ回収日の午前中、地域のごみ出しのリーダー役「クリーン仙台推進員」とチェックする。
 未分別などの問題があった場合は捨てた住民にルール徹底を訴え、市と地域が連携してごみ減量を推進する姿勢をアピールする。
 市によると、市民1人が1日に出す家庭ごみ量は15年度で476グラム。20年度に450グラムまで削減したい考えで、奥山恵美子市長は「仙台がごみ減量に真剣に取り組んでいた時の気持ちを市民に思い出してほしい」と話す。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年10月14日金曜日


先頭に戻る