宮城のニュース

<東京五輪>聖火を石巻から 五輪相に要望

丸川五輪相(中央)に要望する浅野会頭(左)と亀山市長=東京都千代田区

 東日本大震災の津波で大きな被害を受けた宮城県石巻市の亀山紘市長と浅野亨石巻商工会議所会頭らが13日、丸川珠代五輪相を訪ね、同市を2020年東京五輪・パラリンピックの聖火リレー出発地にするよう要望した。丸川五輪相は「五輪を通じて被災地の復興を見てもらうのは大きなテーマ。復興五輪の思いにかなう提案だ」と理解を示した。
 要望書は石巻市の民間団体などでつくる誘致委員会として提出した。委員長を務める浅野会頭は、国立競技場(東京)から市に貸与された聖火台を活用したイベントや子どもたちの模擬リレーなど、誘致の機運を盛り上げる地域の活動を紹介した。
 亀山市長は会談後、「出発地として世界からの復興支援に感謝を示したい。被災した岩手、宮城、福島3県を回るコースもアピールしていく」と述べた。
 誘致委は同日、大会組織委員会や都庁などにも要望書を提出した。


関連ページ: 宮城 スポーツ

2016年10月14日金曜日


先頭に戻る