岩手のニュース

<高速道>花巻南−盛岡南110キロ試行へ

 警察庁は13日、一部の高速道路の最高速度を現行の時速100キロから120キロに引き上げるための試行を、東北自動車道の花巻南インターチェンジ(IC)−盛岡南ICと、新東名高速道路の新静岡IC−森掛川ICの2区間で実施すると発表した。最高速度は当面110キロとする。
 開始時期は、約1年半を見込む速度標識の設置が終わり次第で、早ければ2017年度中の可能性もある。試行期間は、季節による影響も見るため、最短でも1年間は必要とする。
 国内最初の高速道路である名神高速が開通した1963年以降、最高速度を引き上げるのは初めて。トラックなどの大型貨物車は対象外で、80キロのままとなる。
 警察庁は今後、事故の発生状況などを検証した上で、ほかの区間や路線へ対象を広げるかどうかを検討。安全が確認できれば最高速度を120キロまで引き上げる。
 2区間は事故率が低いことなどから岩手、静岡両県の公安委員会が選定。30.6キロの花巻南IC−盛岡南ICは上下線とも片側2車線。50.5キロの新静岡IC−森掛川ICは3車線部分が上下線の56.9%を占め、2車線部分と比較できる。
 それぞれ試行区間を含む東北道の盛岡南IC−前沢サービスエリア(67.6キロ)と、新東名の御殿場ジャンクション−浜松いなさジャンクション(144.7キロ)は、カーブや勾配が緩やかで120キロでも安全に走行できるよう高規格で設計されている。同様の高規格区間はほかに、関越道や常磐道、東関東道、東名、九州道にもある。


関連ページ: 岩手 社会

2016年10月14日金曜日


先頭に戻る