宮城のニュース

<七十七銀>ATM利用時間を拡大

 七十七銀行は17日から宮城県内の大半の店舗で、現金自動預払機(ATM)の利用時間を平日、休日を問わず午前7時〜午後10時に拡大する。拡大する時間帯も現在と同じ手数料で利用できる。
 対象は本店と県内支店のATM123カ所のうち115カ所。現在の利用時間は平日が午前8時45分〜午後7時、土日、祝日は午前9時〜午後5時が多い。同行によると、拡大後の営業時間は平日、休日とも東北では東邦銀行と並んで長い。
 残る8カ所のうち、仙台空港出張所は午前7時〜午後9時半に延長。県庁支店や仙台市役所支店など7カ所は現在と変わらない。
 小売店や鉄道駅にあるATM(245カ所)は63カ所で午前7時〜午後10時に拡大し、残りは設置先の営業時間に合わせて拡大。提携するコンビニATMの取扱時間も午前7時〜午後10時に広げ、従来より平日は30分、休日は2時間早く利用できる。


関連ページ: 宮城 経済

2016年10月15日土曜日


先頭に戻る