宮城のニュース

<楽天>松井裕 来季も抑え

秋季練習でキャッチボールをする松井裕=14日、コボスタ宮城

 東北楽天の松井裕樹投手が来季も3年目となる抑えを務めることが14日、決まった。高卒新人だった2014年以来となる先発に復帰するかが注目されていたが、本人と梨田監督が同日の秋季練習前に話し合って方針を固めた。今季球団史上初となる2年連続の30セーブを達成した松井裕は「40セーブを目指し、チームの勝ちに貢献したい」と話した。
 松井裕は15年に抑えに転向。63試合登板で防御率0.87、球団新記録の33セーブを挙げた。今季は春季キャンプでの調整遅れが響き、5月に3敗するなど春先は不安定な投球が目立ったが、後半戦は安定感を取り戻した。最終的に58試合で1勝4敗30セーブ、防御率3.32の成績を残した。
 昨オフ、梨田監督に先発復帰を願い出た経緯を踏まえ、松井裕は今回の抑え続行希望について「抑えとしてしっかり結果を出してから、先発に戻りたい」と説明。「今季は自分の出遅れが4、5月とチームに響いた。来季は(開幕する)3月から全開でいけるよう準備したい」と万全を期す考えを示した。
 梨田監督は「球数をもう少し減らすのが課題」としつつ、「40セーブできればチームもAクラスが見えてくる」と期待を寄せた。


2016年10月15日土曜日


先頭に戻る