宮城のニュース

蔵の町で品定め 陶器市あすまで開催

お気に入りの一品を探す来場者

 宮城県内外の窯元が作品を持ち寄る「第16回蔵の陶器市」(NPO法人むらた蔵わらし主催)が14日、村田町中心部の蔵の町並みで始まった。16日まで。
 東北や関東を中心に各地から過去最多の88の窯元が出展。コーヒーカップや大皿、湯飲みなどを並べた。
 来場者は風情ある蔵の町並みを眺めながら、品定めをした。コスモスをあしらった箸置きを購入した仙台市太白区の主婦佐藤久美子さん(68)は「毎年、違った作風の陶器に出合えて楽しい」と話した。
 午前10時〜午後5時半。16日は午後4時まで。会場では蔵の陶器市を題材としたオリジナルフレーム切手も販売する。連絡先はむらた蔵わらし080(6025)6691。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2016年10月15日土曜日


先頭に戻る