福島のニュース

<飯舘村長選>あす投票 現新2氏立候補

 東京電力福島第1原発事故で全村避難する福島県飯舘村の村長選は16日に投票が行われ、即日開票される。ともに無所属で、6選を目指す現職菅野典雄氏(69)と元村議の新人佐藤八郎氏(65)が立候補している。
 菅野氏は5期20年の実績を強調し、原発事故を巡っては賠償や補償に村の要望を反映させてきたとアピール。帰還困難区域を除く2017年3月末の避難指示解除を政府決定通りに実行して「復興を少しでも前に進める」と訴える。
 佐藤氏は住民合意がないとして来春の避難指示解除の白紙撤回を掲げるとともに、18年3月で打ち切り予定の精神的賠償の継続を主張。「国の言いなりではなく、村民が主人公の村づくりを展開する」などと現職批判を強める。
 投票所は村役場本庁舎と福島市内の支所の2カ所に設置され、役場本庁舎隣接地で開票される。開票作業が村内で実施されるのは国政選などを含め、原発事故後初めて。5日現在の有権者は5270人。

<福島県飯舘村長選立候補者>
菅野典雄 69 村長  無現
佐藤八郎 65 元村議 無新


関連ページ: 福島 政治・行政

2016年10月15日土曜日


先頭に戻る