宮城のニュース

<長沼ボート場>市民3000人熱意伝えた

長沼ボート場を視察する小池知事(手前右端)を歓迎する地元住民=15日午後1時30分ごろ、登米市(写真部・坂本秀明撮影)
改装した仮設住宅を視察する小池知事(右)と村井知事=15日午後0時40分ごろ、登米市のイオン南方店跡地

 小池百合子東京都知事は15日、2020年東京五輪・パラリンピックのボートとカヌー・スプリントの代替会場候補の宮城県長沼ボート場(登米市)を視察した。現地では市民ら約3000人が歓迎し、「ぜひ、五輪を長沼に」と期待の声を上げた。
 午後1時すぎ、小池氏を乗せたバスがボート場に到着。緑のウインドブレーカーを着た小池氏が姿を見せると大きな拍手が湧いた。登米市民有志で結成された「水上競技場を歓迎する市民の会」会長の寺沢豊志さん(67)は「われわれの熱意が伝わったはず」と開催実現に希望を膨らませた。
 登米市議会の会場誘致議員連盟は、小池氏に要望書を手渡した。代表の沼倉利光議長は「五輪が開催になれば、東日本大震災での支援へのお礼をする気持ちでもてなしたい」と話した。
 ボート競技関係者も気持ちを高ぶらせた。小池氏に施設の概要を説明した県ボート協会の五野井敏夫会長は「『広々としている』と感激していたようだ。多くの人が集まり、みんな(長沼での開催を)待っていると感じた。われわれも2020年に向かっていきたい」と力をこめた。
 とめ漕艇協会(登米市)の湊敬一会長は「五輪開催は、大会を手伝うわれわれにとっても、大きなやりがいになる」と期待した。
 ボート場では現在、東北高校選抜ボート大会が開催中。佐沼高(同)ボート部の女子部長高橋未羽さん(16)=2年=は「五輪開催は復興の手助けになる。私たちも東京五輪を目標にしている」と書いた要望書を渡した。「頑張ってください」と声を掛けられたという。高橋さんは「長沼の良さを分かってもらえたと思う」と感じた。
 小池氏は、宮城県が選手村候補地にする同市南方町の仮設住宅団地も訪問。仮設住宅や近隣の住民ら約500人が出迎えた。小池氏は宿泊施設用にリフォームされた部屋などを約10分間視察。室内の広さや天井の高さを確認した。
 仮設住宅には宮城県南三陸町から避難する約100世帯が暮らす。自治会長の宮川安正さん(76)は「五輪が登米に来れば、関係者が南三陸町に遊びに来てくれるかもしれない」と話した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年10月16日日曜日


先頭に戻る