宮城のニュース

<囲碁>盤上見詰め戦い静かに

静かで熱い攻防を繰り広げる参加者

 第29回河北新報杯争奪仙北地区囲碁大会(日本棋院大崎支部、河北新報社主催)が16日、大崎市古川の南部コミュニティーセンターであった。
 県内全域から愛好家40人が参加。段位別の3クラスで、盤上に熱い戦いを展開した。
 各クラス上位は次の通り(敬称略)。

 ▽Aクラス(五段以上)(1)金野雅行(仙台市太白区)(2)鈴木伸夫(栗原市)(3)対馬満秋(仙台市太白区)(4)虎川武(登米市)(5)佐々木紳(同)
 ▽Bクラス(三〜五段)(1)千葉繁(大崎市)(2)相沢広志(同)(3)門間孝夫(同)(4)江越敏明(同)(5)高橋光彦(同)
 ▽Cクラス(三段以下)(1)安倍忠男(栗原市)(2)久保内仁敏(仙台市泉区)(3)佐藤鴻太郎(登米市)(4)鈴木哲哉(同)(5)矢矧克視(大崎市)


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2016年10月17日月曜日


先頭に戻る