青森のニュース

<ハロウィンフェスタ>お化けにゾンビ大行進

好きなお化けに仮装してパレードする参加者

 青森県三沢市で15日、「ハロウィンフェスタ in MISAWA」があり、市民や米軍三沢基地関係者ら約600人がお化けやゾンビの仮装でパレードした。
 市中心部の商店会が31日のハロウィーンを前に毎年開催し、今年で18回目。参加者は衣装やメークに趣向を凝らし、歩行者天国になった約800メートルの商店街を笑顔で行進した。
 赤ずくめの映画のキャラクター「赤の女王」姿で参加した市職員野村順子さん(42)は「日頃のストレスを晴らすため毎年参加している。沿道の声援もあって楽しかった」と話した。


関連ページ: 青森 文化・暮らし

2016年10月16日日曜日


先頭に戻る