宮城のニュース

<特殊詐欺>架け子再逮捕へ 1億円超詐取か

 妊娠示談金名目の特殊詐欺事件で大阪府の女性から現金をだまし取ったとして、宮城県警が、住所不定、無職生駒大容疑者(21)を17日にも詐欺の疑いで再逮捕する方針を固めたことが16日、捜査関係者への取材で分かった。県警は容疑者が1人で総額1億円以上を詐取したとみて調べている。
 捜査関係者によると、生駒容疑者は今年3〜4月ごろ、親族が絡んだ妊娠トラブルを解決するとうその電話をかけ、大阪府の70代女性から約1500万円をだまし取った疑いが持たれている。
 県警は4月、生駒容疑者らが所属する千葉県の「架け子」グループの拠点を家宅捜索し、男2人を逮捕。逃走した容疑者は別のグループで妊娠示談金詐欺を続け、架け子の中核を担った。関西弁を駆使し、大阪府を中心に詐取を繰り返していたとみられる。
 容疑者は大阪府の女性から現金150万円をだまし取ったとして、9月23日に詐欺容疑で逮捕された。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月17日月曜日


先頭に戻る