宮城のニュース

<秋季高校野球>仙台育英 地力上回る

仙台育英―八戸学院光星 5回裏仙台育英1死二塁、佐川が右中間に適時二塁打を放つ

<ベスト4決まる>
 第3日は16日、山形県中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがたと天童市スポーツセンター野球場で準々決勝4試合があり、仙台育英(宮城)聖光学院(福島)酒田南(山形)盛岡大付(岩手)が準決勝に進んだ。
 17日は休養日で試合がない。第4日の18日は荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがたで準決勝2試合が行われる。

 ▽準々決勝(荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた)
八戸学院光星(青森)
   000000000=0
   10003020×=6
仙台育英(宮城)

 【評】仙台育英が地力の差を見せた。一回1死一塁から佐川の適時二塁打で先制すると、五回は鈴木の2点三塁打などで3点を挙げた。主戦長谷川は4安打完封。八戸学院光星は好機を生かせなかった。

<佐川、苦手な左投手から先制打>
 仙台育英は12安打と打線が奮起し、2年ぶりの4強入り。一回に3番佐川が先制打を放ち、五回は6番鈴木の2点三塁打などで3得点。佐々木監督は「佐川が挙げた先制点で主導権を握れ、鈴木の三塁打はチームを勇気づけた」とたたえた。
 左打者の佐川は一回1死一塁で苦手な左投手に対し「前足を踏み込む意識を持って打てた」と言い、中越えに二塁打。鈴木は五回2死一、二塁で内角の直球を力強く捉え、中越えに運んだ。
 上位、下位とも打線がつながり、七回にも適時打と活躍した鈴木は「この勢いで優勝したい」と意気込んだ。


2016年10月17日月曜日


先頭に戻る