福島のニュース

<飯舘村長選>菅野氏6選 実績と経験評価

菅野 典雄氏

 任期満了に伴う福島県飯舘村長選は16日、投票が行われ、即日開票の結果、無所属現職の菅野典雄氏(69)が、無所属新人で元村議の佐藤八郎氏(65)を破り、6選を果たした。
 東京電力福島第1原発事故で全村避難する飯舘村は2017年3月末、帰還困難区域を除き、避難指示が解除される予定。隣接する川俣町に設けた事務所で、菅野氏は「これからが復興の正念場。全力で村のために働くことを約束する」と決意を新たにした。
 12年ぶりとなった選挙戦で、菅野氏は5期20年の実績を強調。原発事故後の対応でも国や東電と関係をしっかり築いてきたとアピールして支持を得た。避難指示解除の白紙撤回を掲げた佐藤氏の訴えには「復興が大幅に遅れる」と反論し、追い上げをかわした。
 佐藤氏は17年3月末の避難指示解除は「住民の合意を得ていない」と主張。18年3月に打ち切られる精神的賠償の継続も打ち出して現職への批判票を取り込んだが、及ばなかった。
 当日の有権者は5236人。投票率は70.84%で、選挙戦となった04年を19.25ポイント下回り、過去最低。

 ◇福島県飯舘村長選開票結果(選管最終)
当 2123 菅野 典雄 無現
  1542 佐藤 八郎 無新


関連ページ: 福島 政治・行政

2016年10月17日月曜日


先頭に戻る