広域のニュース

<鳥海山>季節先取り 白マント

雪をまとった山頂部から大パノラマを楽しむ登山者=15日午後1時50分ごろ

 深まる秋に冬の足音が近づく。秋田県と山形県にまたがる鳥海山(2236メートル)が、一足早く冬の装いを見せている。
 10日に初冠雪を観測し、山頂付近は3〜10センチほどの雪に覆われた。山麓は紅葉がピークを迎え、季節の移ろいを感じ取れる。
 好天に恵まれた15、16の両日は大勢の登山者が壮大な眺めを堪能。相馬市の南政孝さん(48)は「雪化粧した山の魅力を十分に味わえた」と満足げだった。(写真部・庄子徳通)


関連ページ: 広域 社会

2016年10月17日月曜日


先頭に戻る