宮城のニュース

<長沼ボート場>登米市議会が招致意見書可決

 宮城県登米市の県長沼ボート場が2020年東京五輪・パラリンピックのボートとカヌー・スプリントの競技会場候補に挙がっていることについて、同市議会は17日、「会場を登米市に招致する意見書」を安倍晋三首相らに提出する議案を全会一致で可決した。
 意見書は「登米市の豊かな食文化などを世界にアピールする機会。東日本大震災の支援の感謝を世界中に伝えるために招致を要望する」とし、五輪相、衆参両院議長、東京都知事らにも提出する。同様の内容の要望書を、大会組織委員会と日本ボート協会、日本カヌー連盟に提出する議案も全会一致で可決した。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年10月18日火曜日


先頭に戻る