宮城のニュース

<特殊詐欺>1460万円詐取容疑 架け子再逮捕

 妊娠示談金名目の特殊詐欺事件で大阪市の無職女性(70)から現金1460万円をだまし取ったとして、宮城県警は17日、詐欺容疑で、本籍和歌山県の無職生駒大容疑者(21)を再逮捕した。
 逮捕容疑は東京都八王子市の無職の男(48)=詐欺罪などで起訴=らと共謀して今年3月中旬以降、女性の息子らを装い、妊娠トラブルを解決するとの名目で計17回にわたり、1460万円をだまし取った疑い。容疑者はうその電話をかける「架け子」とみられる。
 生駒容疑者は先月23日、大阪府泉大津市の無職女性(70)から現金150万円をだまし取った詐欺容疑で逮捕され、14日に起訴された。県警は、同容疑者が関わった特殊詐欺事件の被害総額は1億円以上になるとみて裏付けを進めている。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月18日火曜日


先頭に戻る