宮城のニュース

仮設住宅給湯器 宮城5カ所290台盗難

給湯器が盗まれた仮設住宅=18日、仙台市宮城野区扇町1丁目

 東日本大震災の被災者が暮らす宮城県内のプレハブ仮設住宅5カ所で、屋外に設置された給湯器計約290台が盗まれていたことが18日、県警などへの取材で分かった。閉鎖された仮設住宅が3月以降に狙われた。被害額は約800万円に上るとみられ、県警が警戒を強めている。
 仙台市宮城野区の仮設住宅から給湯器1台を盗んだとして、配管工の佐藤昭信容疑者(55)=若林区新寺4丁目=が16日に現行犯逮捕された。仙台東署の調べに「実家にもう1台取り付けたかった」と供述している。同署などは他地域の被害との関連や共犯者の有無を捜査している。
 県警と県によると、被害が確認された仮設住宅は宮城野区1カ所(28台)のほか、亘理町2カ所(139台)、岩沼市2カ所(124台)。佐藤容疑者は電動ドライバーで壁から取り外していたが、取り外した給湯器を置いていた屋外の集積場所から大量に盗まれたケースもあった。
 給湯器内部の金属を取り出し、買い取り業者に転売している可能性もある。県震災援護室は「これから解体が進む仮設住宅もある。盗難は許せない違法行為で、各自治体と連携して警戒を強めたい」と話している。


2016年10月18日火曜日


先頭に戻る