青森のニュース

青森・深浦沖に転覆木造船

 17日午前6時50時ごろ、青森県深浦町松神の沖合約500メートルで、木造船が転覆しているのを漁業の男性が発見し、警察などに通報した。青森海上保安部によると、船は全長約8.4メートルで、船首に文字らしきものが書いてあった。船内は無人でエンジンやスクリューもなかったという。


関連ページ: 青森 社会

2016年10月18日火曜日


先頭に戻る