岩手のニュース

<台風10号>岩手復旧費1122億円を増額

 岩手県は17日、8月の台風10号豪雨の復旧費など総額1122億2826万円を増額する本年度一般会計補正予算案を発表した。27日開会の県議会9月定例会に提出する。
 豪雨災害関連は約702億円。被害が大きい久慈市、宮古市、岩泉町の中小企業や商店街、観光施設の再生に、最大で2000万円を補助する交付金制度を新設。財源として10億9500万円を盛り込んだ。被災した河川や道路、橋など公共土木施設の修復に425億円を計上した。
 被災した岩泉町の第三セクター「岩泉乳業」の施設復旧費は14億5000万円、浸水被害などを受けたサケの人工ふ化場と養殖施設には約25億7400万円を充てる。同町の閉鎖中の鍾乳洞「龍泉洞」は700万円を見込む。
 被災者が入居する応急仮設住宅の整備や、みなし仮設住宅の家賃には約17億2000万円を計上した。
 補正後の予算規模は1兆1799億7416万円。


関連ページ: 岩手 政治・行政

2016年10月18日火曜日


先頭に戻る