宮城のニュース

<長沼ボート場>4者協議「大きな前進」

報道陣の質問に答える宮城県の村井知事=18日午後、県庁

 村井嘉浩宮城県知事は18日、東京五輪のボートなどの会場見直し問題で、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が都、組織委員会など4者協議の開催を提案したことについて「一堂に集まり議論するのは大きな前進。(県長沼ボート場開催に向けた)門戸が開かれた」と歓迎した。
 小池百合子都知事とバッハ氏の会談終了後、県庁で報道各社の取材に答えた。
 村井知事は4者協議の進め方に言及し、「施設整備の責任は小池知事にある。責任者が会場変更を望むならば、その考えをベースに議論するのが常識的な判断だと思う」と訴えた。
 都が「海の森水上競技場」の整備費を現行計画の491億円から300億円まで圧縮した試算にも触れ、「バナナのたたき売りのようだ。上がったり下がったりの幅が大きいので驚いた」と批判した。
 県が試算した長沼ボート場の整備費(150億〜200億円)を巡り、「大きく狂うことはない。都知事が長沼に意思表示するまでは具体的な試算をしても意味がない」と述べた。
 IOCが代替開催地として韓国を検討していることには「海の森、長沼、彩湖が駄目となれば国境を越えることもあり得るが、今の段階では唐突な話だ」と疑問を投げ掛けた。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2016年10月19日水曜日


先頭に戻る