宮城のニュース

<楽天>栗原コーチ 若手の育成に全力

選手に打撃指導する栗原2軍打撃コーチ(右)

 東北楽天2軍打撃コーチに就任した栗原健太氏(34)が18日、宮崎県内で行われている秋季教育リーグ(フェニックス・リーグ)に参加しているチームと合流し、本格始動した。山形県天童市出身で、古里東北の球団で今度は指導者として新たな一歩を踏み出す。「まずは新しい環境に慣れ、コーチの仕事の流れをつかんでいきたい」と抱負を語った。
 試合前の練習では、打撃ゲージのそばで選手一人一人のスイングにじっくりと目を凝らした。調子が上がらない様子の選手には積極的に声を掛け、初日から熱のこもった指導を見せた。
 コーチとして重視するのは、「選手とのコミュニケーション」と言う。試合後の練習では、和製大砲として期待される内田の打撃を付きっきりで見た。フォームに関する質問に対し、自ら動きを示しながら丁寧に説明。「選手には疑問を持ったままではなく、納得した上で練習に取り組んでもらいたい」と語る。
 広島時代には主軸として4年連続で20本塁打以上を放つなど打撃理論に定評がある。平石洋介2軍監督は「打撃に関してはさまざまな引き出しを持っていると思う。選手と本音で接し、いい方向に導いてほしい」と期待する。
 選手からコーチに立場が変わっても、「自分にとっても勉強の日々」と強調。「これまで培った技術や心構えを伝えていきたい」と若手の育成に全力を注ぐ。(佐々木智也)


2016年10月19日水曜日


先頭に戻る