宮城のニュース

<秋季高校野球>仙台育英2年ぶり9度目V

仙台育英−盛岡大付 優勝を決め、応援席に向かって駆けだす仙台育英ナイン

 第69回秋季東北地区高校野球大会最終日は19日、山形県中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがたで決勝が行われ、仙台育英(宮城)が6−2で盛岡大付(岩手)を下し、2年ぶり9度目の優勝を飾った。仙台育英は来春の選抜大会に東北地区代表として選出されることが確実になった。(2面に関連記事)
 仙台育英は一回に重盗で先制すると、三回にも適時打や敵失などで4点を加え、序盤で試合の流れを決めた。八回にも1点を挙げ、3投手のリレーで相手の反撃を2点に抑えて逃げ切った。
 仙台育英は東京・神宮球場で開かれる明治神宮大会(11月11〜15日)に出場する。選抜大会は2017年3月19日、兵庫県西宮市の甲子園球場で開幕する。

 ▽決勝
仙台育英 104000010=6
盛岡大付 000001010=2


2016年10月19日水曜日


先頭に戻る