山形のニュース

<山形知事選>大内県議の擁立要請

 来年1月5日告示、22日投開票の山形県知事選で、自民党山形市支部(支部長・長谷川幸司山形市議)は18日、県議の大内理加氏(53)=山形市選挙区=の擁立を金沢忠一県連幹事長に要請した。
 山形市の県連本部を訪れた長谷川支部長は「現知事を2期連続で無投票当選させるのは断じて許されない」などと記した要請書を手渡し、「県連が一枚岩になるなら大内氏は立候補する覚悟はあると言っている。候補者擁立の機運が低調な衆院山形2、3区の支部にも働き掛ける」と述べた。
 金沢幹事長は「大内氏の地元から擁立を求める声が上がったのは心強い。できるだけ早く結論を出せるように努力する」と話した。
 大内氏を巡っては、県連女性局が既に擁立を要請している。
 次期知事選には、現職の吉村美栄子氏(65)が3選を目指し立候補を表明している。


関連ページ: 山形 政治・行政

2016年10月19日水曜日


先頭に戻る