広域のニュース

<ドラフト会議>酒田南・石垣ら逸材豊富

藤平尚真
寺島成輝
石垣雅海

 20日のプロ野球ドラフト会議で上位指名が有力視される高校生を探った。
 今夏の甲子園大会優勝の原動力となった今井達也(栃木・作新学院高)は最速152キロの快速球が光る。180センチ、72キロと線は細く、下半身を鍛えればまだ伸びそうだ。
 18歳以下(U−18)アジア選手権では決勝に先発するなど高校日本代表でもエース。プロ野球阪神の中尾孝義スカウトは「肘の使い方が柔らかい。低めの直球は素晴らしい。好投手が多い高校生でも抜けた存在」と絶賛した。右腕では抜群の身体能力を誇る藤平尚真(神奈川・横浜高)も評価が高い。
 左腕では寺島成輝(大阪・履正社高)が1位候補だ。どっしりとした下半身から投じる直球、変化球は高校生離れしている。投球の幅が広く完成度の高い高橋昂也(埼玉・花咲徳栄高)や、鋭く落ちるスライダーで三振を量産する堀瑞輝(広島新庄高)も上位指名が望める。
 甲子園大会で打者としても高い能力を示した藤嶋健人(愛知・東邦高)は、プロでは投手を目指す予定。甲子園出場を逃したが、左腕の古谷優人(北海道・江陵高)は150キロ超えのストレートが注目だ。
 昨年、2人が1位指名された野手は、投手ほどの大物がいない。強肩強打の捕手の九鬼隆平、俊足巧打が光る松尾大河(ともに熊本・秀岳館高)や走攻守の三拍子そろった外野手の鈴木将平(静岡高)らが指名を待つ。
 東北の野手では、柔軟なスイングの石垣雅海(山形・酒田南高)はプロの評価が高い。甲子園で本塁打を放った田城飛翔(青森・八戸学院光星高)も指名を受けるか。投手の千葉耕太(岩手・花巻東高)にも注目が集まる。


2016年10月19日水曜日


先頭に戻る