宮城のニュース

<仙台東西線>次は車両基地♪開業1年音楽会

荒井車両基地で演奏する吉岡さん(左)と名和さん

 仙台市地下鉄東西線の開業1周年を記念し、市は小学生以下の子どもと親が対象の音楽会「地下鉄東西線わくわく音楽会in荒井車両基地」を11月13、20の両日、若林区の荒井車両基地で開く。東西線の車両に乗って車体洗浄機を通過する体験もできる。参加する親子を募集している。
 音楽会は車両基地の会議室であり、仙台フィルハーモニー管弦楽団の奏者が演奏する。
 13日は、チェロの吉岡知広さんとコントラバスの名和俊さんのデュオ「ダテローストリングス」が、クラシック音楽の名曲とアニメ主題歌をメドレーで披露する。20日はバイオリンの小池まどかさん、ビオラの清水暁子さんら4人がモーツァルトの弦楽四重奏曲などを演奏する。
 演奏終了後には東西線の車両に乗り、車体洗浄機を通過する様子を車内から観察してもらうイベントもある。市の担当者は「車両基地とクラシック音楽という組み合わせの妙を楽しんでほしい」と話している。
 東西線は昨年12月6日、市で2路線目の地下鉄として開業した。
 音楽会は両日とも参加無料で、定員は各130人。申し込みは13日分が2日締め切り、20日分は10日締め切り。往復はがきに名前や住所、希望日などを明記し、〒980−8671青葉区国分町3丁目7−1、仙台市文化振興課へ。連絡先は文化振興課022(214)6139。


関連ページ: 宮城 社会

2016年10月20日木曜日


先頭に戻る